歌唱力と裏声その1

歌唱力と裏声その1


みなさんは歌を上手く歌えていますか?もっと上手くなりたいですか?歌唱力をつけたいでしょうか?口にはしないけれど、歌に対して問いかけてみれば、そう思っている人が沢山いるやうです。

歌唱力をつける為には、出さなければならない音を、きちんと正しく出す必要が有ります。

特に高い音を出すときに、音程がずれてしまう人が沢山でしょう。

それまで歌をうまく歌えていても、高い音が出てきたとたん、はずれてしまう人がいます。

折角歌うことが上手だとしても高い声が出ずに、そこだけはずれてしまったら、ガッカリですよね

ですので、カラオケで曲を選択する際は、自分の出る声の高さのスポットで、曲を選択する必要が有りますね。

そうは言っても、歌いたい曲があれば、一生懸命、トレーニングするでしょう。

高い部位があっても、そこが出せるようにがんばるでしょうね

高い声を出すこと、これは、やはりボイストレーニングが必要です。

高い声が上手く出せない理由は、どんなことでしょうか?それは、腹式呼吸に関係しているとかんがえられます。

これが上手に出来ないと、高い声も出ません。

この腹式呼吸ですが、出来ない人は、運動競技不足の人が沢山でしょう

体の筋肉があるか、ないか、これで腹式呼吸がうまく出来るかどうか、決まってきます

自分は運動競技不足だからと言って、諦めていてはいけません

今からだとしても遅くないですよ。

歌うことが上手くなりたい方は、自宅で出来る、腕立てや、腹筋等、運動競技を始めてみては如何でしょうかでしょうか

歌唱力と裏声その2


ジム等に通うとなるとお金も時間も大変でしょうが、家で常々から出来る運動競技は歌の為にも続けたほうが良いでしょう

軽い運動競技を続けて、腹式呼吸が楽に可能なようになったら、高い声を出す準備も出来ると言うものです。

高い声を出す準備が体にまだ出来ていないはずなのに、いきなりトレーニングを開始すること言うのは、ノドに負担をかけてしまうでしょう。

まずは、体創りが必要ですね。

そして、歌うための体になってきたら、腹式呼吸をトレーニングしましょう。

腹式呼吸がなんなくこなせるようになっきたところで、ちゃんとボイストレーニングをしていきましょう。

では、どうしたら、無理なく高い声が出せるのでしょうか?歌を歌う人は、この疑問を持っている人が沢山です。

どうしたら出せるのか、と言うと比べると、高い声を出すトレーニングはどんなことをしたら良いのか、と言うことになるでしょう。

では、歌うときに高い声を出すには、どうトレーニングしたら良いのでしょうか?ここでポイントとなるのが、裏声です。

みなさんは裏声ってご存じですよね?男性だとしても女の人だとしても、無理な高い声を出そうとしたケース、声がひっくりかえって、すさまじく細い裏の声が出ます。

この裏声のトレーニングが、歌唱力に繋がるのです。

裏声を上手く使えば、歌唱力UP間違えなしです。

当然、腹式呼吸が出来ること、体が出来ていることが基本となってきますが、その次に裏声のトレーニングです。

重要なこと言うのは裏声を出して、その音をいかにキープするか、そこが重要です。

それによってには、声帯を自分自身でコントロールすることになります。

歌唱力と裏声その3


高音の声を出すとき、どうやってもみなさんは無理やり力を出し、声を張り上げて歌いますよね。

きつければきついほど、声を張り上げるとおもいます。

これは、声帯に負担をかけている以外、何者だとしてもございません。

私もボーカルとして、バンド活動していますが、よく先輩から、“お酒を飲んでふらふらしながらカラオケで高音の高い声を張り上げるのは、ボーカリストとしてはだめだ!”と言われて来ました。

酔っていて感覚も良いので、つい、がんばりすぎて高い声で歌ってしまうことも有りますが、それは声帯を痛めてしまうやうです。

ですので、声帯をコントロール可能になれば、イコール歌唱力が身に付くと言うことになります

声量にチェンジをつけながら、高い声を難なく出す、これを願わくは、マスターしたいものです。

では、声帯を上手くコントロールして、高い声を修養する為には、ボイストレーニングが必要です。

一回、ボイストレーニングをしたからと言って容易に身に付くことではないでしょう

ですので、トレーニングを続けることが重要ですのです。

それでは、事実にどんなトレーニングをしたら良いのか、自宅で出来ることをご案内しましょう。

みなさんも、このトレーニングで高い音をマスターし、より高い歌唱力をつけてちょうだいね。

カギとしては、ノドに負担をかけず高い声を出すことです。

これは、ノドで張り上げるのではなく、おなかから高い声を出さなければなりません。

それによってには、おなかの芯から息が流れ出ていて、それに声が乗ることです。

歌唱力と裏声その4


体のポイントは、お尻に力を入れて、穴をきゅっと締めて、それをキープしてちょうだい。

骨盤は、少し前に出します

そして、体の重心は少し下げます。

体のポイントは以上のことですので、この姿勢を保つようにしましょう。

そして、おなかから高い声をだし、おなかでそれを支えます。

又、高い声は体に共鳴させることで、より迫力のある声となってきます。

目頭あたりに声を共鳴させると響きがよくなるでしょう。

息がより沢山ほうが、迫力があり、厚みのある声となってきます、。

このことも歌唱力には重要なことですよね。

特にサビの部位で高い声を出す必要がある曲は、そこで迫力のある高い声を出せるようにしたいですね。

歌唱力は、あなたの表現力ともいわれますから、サビの部分で弱くなってしまうと、表現力に欠けることになります。

高い声が自由に楽に出せると、歌う曲のスポットも広がります。

他の人がトライ出来ない曲も歌えるようになるでしょう。

そこで他人との差が広がってきますよ。

あるアーチストの曲で通例の人が歌いこなせないような曲を、さらっと歌えることが出来たら、周囲の人は尊敬してくれるでしょう。

“あの人は歌唱力がある”と思ってくれます。

当然、歌だけでなく、人前で話すことが沢山人も迫力のある声で話すと、人々は納得し、よく聞いてくれるでしょう。

か細い声で話しては人の忠告は引けません。

こんなケースも、同様のボイストレーニングが有効だとおもわれます

あなたも声に自信が持てるように、自宅でトレーニングしてみませんか。

CONVERT BREAKS: 1
TAGS: 歌唱力,表現力,曲,歌詞,素人

みなさんは、歌を歌う際、どんなことに気をつけていますか?音を外さないようにとか、サビの部位では力強力に歌うとか、素人の方だとしても、歌い方に気をつけている人もいらっしゃいます。

当然、歌唱力があると言う人は、音を外しませんし、メリハリの付いた歌い方が出来ている人でしょうね。

ですが、この歌唱力には、不可欠なものが他にもあるとおもうのです。

それは表現力です

歌を表現すること、歌詞を表現すること、これも歌唱力の一つでしょう。

素人の方は歌っているだけで精一杯ですよね

音を正しく出せるように気をつけているだけで精一杯ですので、歌詞を表現しようとする人はあまりいません。

テレビのカラオケ番組等に出場してくる人たちはプロ並みに上手な方ですので、ああいう人たちは表現力が有ります。

見ていて、“感覚を込めて歌っているなあ”と感覚ます。

では、歌の表現力って、どんなことでしょうか?歌には必ず歌詞があり、歌詞には物語が有ります。

曲には楽しい曲もあり、悲しい曲もあり、活動的をもらえる曲もあり、癒してくれる曲も有ります、。

その曲に合った感覚であなたが歌うことです。

例えば、歌詞で悲しい部位を歌っているところは、悲しい感覚を込めたり、悲しい顔をしたりすることによってす。

これが表現力です。

悲しい歌詞なのにニコニコして歌っていたら、聴いている人の心にはぐっと来ないでしょう。

歌唱力をつける為には、多様な手法があるやうですが、曲に感覚を込めること、表現することを意識して歌うことも一つの手法だとおもうのです。

みなさんも、次回、カラオケ等で歌うとき、表現することを意識してみては如何でしょうかでしょうか。

きっと、今と比べると上手に聴こえるはずです。