息のトレーニングで歌唱力アップその1

息のトレーニングで歌唱力アップその1


歌唱力を身につけるには、人体的な肺活量や、吐く息の長さも関係しています。



息をどれだけ長く吐けるか、長く吐くことが出来ることなら出来るほど、歌唱力もUPするでしょう。

なぜなら、息がちゃんと続けられれば、それを体が覚えてしまえば、息を意識せずにおのずと出すことが出来て、頭は音程をとることに集中出来るとおもうからです。



反対に息が続かないと、そちらのほうばっかり気がいってしまい、音程を心配する余裕がなくなってしまうでしょう。

では、ここでは、自宅で容易に行なえる息のトレーニングをご案内しましょう

歌をあるくらい、歌い続けてきた方は、人と比べると息が長いとおもいます。

ですが、今まで歌を歌ってこなかった人、声を出してこなかった人は、初めはきついかも知れません。

そういった方は、曲をトレーニングすると比べると、この息のトレーニングを重点的にする必要があるでしょう

ナレーターさんや、女優さん等、声を使用するおお勤めの方は、みなさん、息のトレーニングをしています。

多様な手法が有りますので、手法が違ったとしても、プロの方は常に似たようなトレーニングをして長く息を吐けるようになっているのです。

足を肩幅に開いて、立ってちょうだい。



そして、肩の力を抜きます。

胸はやや、張ってちょうだい。

だとしても、体の力は抜きます

姿勢は正しくしますが、肩には力を入れません。

腕はかるく下げます。



ぶらぶらと下げるくらいで良いでしょう。

この姿勢で、口を小さく開け、息をふーっと、出します。



初めは5秒間だけ、力一杯、吹き続けてちょうだい。



息のトレーニングで歌唱力アップその2


最後の1秒は
、ろうそくの消す感覚で力強力に、おなかに残った息を全部出します。

ですので、“ふーっ”と、4秒で、“ふっ!”と強力に1秒です。

腹筋が動いているのが分かるとおもいます。

胸から息を出さないように、おへその周囲が動くことを意識してトレーニングしたケース良いでしょう。

次は、もうすこし長くして10秒間、ふーっと続けて、同様に最後の1秒で強力に吹きます。

これを、次は20秒間、30秒間と伸ばしてちょうだい



30秒は息をかなり細くしないと、続かないかも知れません。

そういった方は25秒だとしても良いです。



おなかに息が残らなくなるまで、出し切りましょう。



腹筋を使用して絞り出す感覚です。

長く出す為には、量を調節しますが、息の調節には全ておなかでやりましょう。



こんなトレーニングで歌うことが上手くなるのか?実に歌唱力が上がるのか?疑問におもう方もいらっしゃるでしょう。



ですが、これは本当です。

息のトレーニングが上手く続けられると、歌唱力はUPします。

息に歌を乗せることがマスター出来れば、声も伸びるでしょう。

このトレーニングに慣れてきたら、次は出来るだけ細く長く息を吐くトレーニングです



どれくらい吐けるようになったのか、日々、時間を確かめてみると良いでしょう。

近頃は小顔なってに、みなさんがやっているトレーニングで、歌唱力にも関係したものが有ります、。

それは、ドリンクのペットボトルを空にして、口にくわえます。



そして、息を吸ってペットボトルをつぶす、吐いて戻すことです。



息のトレーニングで歌唱力アップその3


これは力が必要ですので、トレーニングにもなり、顔の筋肉を鍛える為にも良いやうです。

リフトUPになるとか、美容の番組で見たことが有ります。

歌唱力UP、顔のリフトUP、これも一石二鳥ですね。

ペットボトルのトレーニングは、慣れない方が一生懸命やりすぎると、酸欠になる恐れが有りますので、苦しくなったらスTOPしましょう。

徐々に回数が可能なようなって、焦らずにやることです

体のなかに息が足りなくなると、感覚悪くなってきますから、そうなったらやめておきましょう

歌唱力の為にしていることで、健康を害しては素も子もございませんから。

おなかで息の量をコントロールすること言うのは、慣れてくると可能なようになります。

ですが、初めは繰りかえしやってみるしかないでしょう。



何処だとしても出来ることですので、私はお風呂のなかでやっています。

日々、時間を見つけてはやっておきたいトレーニングですね。

さて、歌唱力の為に、息のトレーニングをしていますが、吐くことだけが重要と言うわけではございません。

歌っていると、時に息を急激に吸い込む必要が有ります



ブレスと呼びますが、歌と歌の間が一瞬しかなく、そこで一気に息を吸ったほうがいい、と言うことも有ります。



そもそも呼吸はトレーニングせずに、生まれたときから、誰だとしてもできていることです。

教わらなくても動物も人間も呼吸が出来ますよね。

ですが、少量の息ではなく、大量の息を自由自在に扱う為には、やはりトレーニングが必要です。

息のトレーニングで歌唱力アップその4


意識的に体に息を吸い込み、そして、溜め込み、それを使用して吐く、これらの一連の行為のことを、難なくできるようになってこそ、歌唱力がつくと言えるでしょう。

みなさんもご存じの通り、歌は腹式呼吸で歌います。

そこで、この息の溜め込み、そして吐くこと等が、腹式呼吸と同じですので、健康にも良いのです。

これが可能なようになれば、腹式呼吸もマスターしたと言うことになります。

腹式呼吸と歌唱力は、切っても切れないほど関係が深いです。



息を調節したいとおもうと、どうしても、口や喉を使いたくなりますが、そこは我慢してちょうだい。

口をとがらせて、息の調節をしても意義がございません。



おなかでコントロールしてこそ、意義があるのです。

では息を溜め込み、そして息を吐き出す訓練をしてみましょう。



まず、5秒かけて腹の息を入れます。

5秒でおなかが一杯になるように吸い込みます

そして、全部、吐きます。

この長さを10秒、20秒、25秒と伸ばしてちょうだい。

これも、ペットボトルのトレーニングと同じで、今までやったことのない方がやると、酸欠になることがあるでしょうから、無理は禁物です。

私も初めのころ、早速に感覚悪くなったので。

次は反対に息を吐く時間を10秒、20秒と伸ばしてちょうだい。



均一の量で吐けるように調節します。

この二つをマスターしたら、次は吸う、吐くを同じ長さでやりましょう。

吸った後、2秒ほど、息をスTOPさせてから、吐きます、。



息のトレーニングで歌唱力アップその5


私も歌唱力が欲しくて、このトレーニングを繰りかえしていました、。



やってみると、吐くより時間をかけて吸うほうが難しいと私はおもいました



初めは10秒だとしてもきつかった記憶が有ります。

長く息を吐く、ただ、それだけのことなのに、トレーニングしないと可能なようにはなりませんでした。

みなさんも、トレーニングを開始してから、だんだんと実力が付いてきますから、楽に可能なようになるでしょう。



ポイントは、時計の針だとしても見ながら、息を一定に出すことです。



均一に息を出すことに慣れましょう。



おなか以外を使用して息のトレーニングを行なうこと言うのはNGです、。

全部、おなかを使います

ノドで調節したくなったり、口で調節したくなったりしたケースおもいますが、それでは意義がございません。

初めから長い時間で出来るわけがないので、無理してがんばる必要はないのです。



可能な短い時間でオッケーですので、確実におなかを使用して吸う、吐くをしましょう。



歌唱力をつけるには、ただ、歌のトレーニングをすることで良いと言うものではないことが、みなさんにもおわかりになったとおもいます

プロの歌手は、こうしたレッスン、トレーニングを積み重ね、今の歌える体を手にしたとおもいます

プロの歌手にも初めから歌唱力があったわけではなく、努力の結実、ああなれたのだとおもいます。

ですので、私たちもトレーニングを続けて、少しだとしてもプロの歌手に近づけるように、がんばりたいものですね。

プロを目指していない人も、心構えだけは、プロ意識として持っていても良いとおもいます。