歌唱力のために楽器をやろう続き

歌唱力のために楽器をやろう続き


ピアノも音程がしっかり耳コピ出来るようになれば、耳のトレーニングにもなりますよね。

ドラムですと、やはり何と比べるとリズム感が付くでしょう。

歌にとって、歌唱力をUPさせることに必要なものはいろいろ有りますが、リズム感はすさまじく重要です、。



なぜなら、音程が合っていても、リズムが外れていると下手に聴こえてしまいます。

反対に、多かれ少なかれ、音程がはずれたときがあっても、リズムにちゃんと乗っていれば、上手く聴こえてしまうものですのです。

リズムにきちんと乗って心地良い歌を歌っていれば、歌唱力があることにもなります。

ですので、歌い手さんのなかにはライブの時、音程をきっちり確保することと比べるとリズム感を重要にしていると言う人もいるくらいです。



私もリズム感が弱いボーカリストですので、ギターを弾きながら歌ったり、アカペラで歌ったりしたケースきは、必ずメトロノームを使用するようにしています

楽器のトレーニングを行なう人は、トレーニングの時、メトロノームを使用している人が沢山やうです。

ミュージシャンもリズム感を重要にしている証拠です。

ギターやベースを弾くようになれば、曲のコード進行等も分かりますので、音楽に対して、また関心が深まるとおもいます。

ハーモニカ等手がるな楽器も有ります、。

私もブルースハープを吹きますが、これが又、肺活量のトレーニングにもなるのです。



フォークのハーモニカではなく、ロックで激しく吹くのです。

関心のある方はハーモニカも、願わくは、試してみてちょうだいね。

こうして、多様な楽器を通して、自分の歌うことが磨かれ、歌唱力がUPしていくと良いですね、。

歌唱力のために楽器をやろう


歌唱力を上げたい方と思っている方、いらっしゃるとおもいます。

それによってには、楽器を演奏したら、もっと音程が取れるようになるだろうとか、ドラムをやればリズムが身に付くだろうとおもう方がいらっしゃいます。

では、楽器を演奏したケース、実に歌唱力がUPするのでしょうか?楽器を演奏すること言うのは、歌うことが上手くなる為に絶対要素ではないものの、演奏できたほうが歌には良いでしょう。

何もしないと比べると、プラスになるはずです。

ギターやベース、鍵盤を弾くと、音感を鍛えることが出来ます。

ドラムを叩けばリズム感を鍛えることが出来るでしょう



歌っているだけでは、わからなかったこと、例えば、コード進行や、音符のこと等、構成等がより把捉出来るようになります、。

歌うことが上手くなりたいと思っている方で、楽器に関心がある方は、おもい切って出だししてみては如何でしょうかでしょうか。

どの楽器が歌に一番良いとか、そういうものはございませんから、ご自分が関心を持った楽器なら何だとしても良いとおもいます。

例えば、バンドで歌っている人では、ギターも弾ける人が沢山ですね。

私もアマチュアバンドのボーカルですが、ギターだけは弾けます。

歌のトレーニングをしたケースきに、自分自身で弾きながら歌うこともあるでしょうから、弾けると楽ですね



バックバンドがいなくてもギター1本あれば、音程を拾うことも出来ますし、何と比べると弾いていて楽しいです。

当然、ピアノだとしても、キーボードだとしても、ドラムだとしても、ベースだとしても、楽器なら何だとしても良いです。