6月の誕生石ムーンストーンその1

6月の誕生石ムーンストーンその1

みなさんは天然石に関心があるでしょうか?パワースポットもトレンドっている近頃、自分以外のものに力を求めたり、すがったりする人が沢山やうです

他力本願と言ってしまえば、それまででしょうが、目に見えない、スピリチュアルなワールドを感覚て、活動的になる人もいますよね。

目に見えない力を信じることも、艶やかさ的なことだと私はおもいます。

信じる者は救われると、昔から言いますから、出現石をお守りに持つと言うことも私は大賛成です。

さて、女の人たちに大好評がある天然石は、いろいろと有りますが、なかだとしてもムーンストーンはたいへん艶やかさ的な石です。

6月の出現石だとしても知られる、この石は、そのネームの通り、まるで月の光を宿したようなものです。

ムーンストーンも、古くから人々にたいせつにされ、愛されてきた石だとしても有ります、。

ワールド各地では、月の力を持った石として崇められてきました。

ムーンストーンと呼ばれるようになったのは、1600年ごろからだと言われています。

ムーンストーンの語源は、セレニテスと言うギリシャ語です。

天然石の名前の語源は、ラテン語が沢山やうですが、これはギリシャ語ですのですね。

セレニテス、これは、月と言う意義です。

当初、ムーンストーンは、月の満ち欠けに関係して、形も小さくなったり、大きくなったりする神秘的な石だと言われていました。

これは、現実離れしたように感覚る話ですよね。

ですが、これを真実とかんがえる人もいるやうです。

今は電力に恵まれていて、夜になっても、明るいですよね。

ですが、昔は、弱い月の光が夜の明かりでした。

6月の誕生石ムーンストーンその2

暗い中、月明かりのなかで、ムーンストーンを見ると、月の満ち欠けによって、実に大きさが変わったかみたいに見えたのです。

6月の出現石だとしてもあるムーンストーン、古代インドではは、他の天然石と同様に、聖なる石として聖職者が持ち歩いたり、修養たりしていました。

豊穣を願って農具に付けることもあったやうです、。

欧州では、ムーンストーンは旅人の石と言われていました。

旅立つ者は、旅の安全を祈願しムーンストーンを見に付けたと言います。

では、この神秘的な力を持ったムーンストーンですが、やはりネームにもなっている月と深い関係が有ります。

“月”と言う言葉をきくとみなさんはどんなことを想像しますか?惑星としての月でしょうか。

それとも生まれた月等、月間のことでしょうか?みなさんは多様な想像があるとおもいますが、“月”は女の人の象徴と言われています。

ですので、女の人を後援してくれるエネルギーを持つものが“月”ですのです。

確かに、月の満ち欠けとお産は関係したケース言いますよね。

ムーンストーンは月の名前が入った石ですので、同じように女の人を後援してくれるパワーがあるのです

例えば、心にもたいへんよく効く石です。

あなたが、もし、怒りや悲しみで精神が不安定になっているケースでは、ムーンストーンを身に着けと、荒れた感情を穏やかにしてくれます。

出現石としても大好評の高いムーンストーンですが別名で、恋人たちの石と呼ばれています。

6月の誕生石ムーンストーンその3

又、愛を伝える石とも言われているので、ムーンストーンを持っていると、優しく大らかな愛情でその人を満たしてくれるやうです。

ですので、恋愛を成就させたい人、幸せな結婚をしたい人には、ムーンストーンはたいへん合っているとおもいます。

愛する人へのギフト、たいせつな人へのギフトにも良い石ですね、。

恋愛がすでに成就している方には、ムーンストーンはマンネリ解決にも役立ちます。

情熱的なパワーを持つ、この石は、恋人同士、夫婦などのマンネリとなってしまった関係にも新たな刺激をあたえてくれるでしょう。

6月の出現石、ムーンストーンですが、他にも、インスピレーションを高めてくれる効力が有ります。

それから、感受性を豊富にしてくれますから、芸術面で達成したい人には最適な石だとおもいます。

その人のなかに眠っているパワーを、ムーンストーンが引き出してくれると言われています、。

石を見に付けることによって、常々以上のキャパシティが発揮出来るかも知れませんね。

進むべき道に誘導してくれますから、迷いがある方は、石の力によって、正確道を選択させてくれるでしょう、。

インスピレーションを高めるムーンストーンですので、予知キャパシティをもたらすこともあるやうです。

例えば、親しい人や、身内などのリスクを連絡してくれたり、リスクから守ってくれたりしたケース言い伝えられています。

ですので、出現石がムーンストーンの方も、そうでない方も、リスクから守ってくれる“お守り”として使用したケース良いでしょう。

6月の誕生石ムーンストーンその4

ムーンストーンは、たいへん細やかな感覚を受ける石です。

このことから、マイナスな邪気に弱い想像が有ります。

ですが、この石は、自浄が出来るパワーを持っているのです。

ですので、マイナスパワーに囲まれることになっても、自分自身で自分を清らかに出来るのです。

見た感覚と持つパワーと言うのはギャップがあると言うことですね。

ムーンストーンは、心の癒しだけでなく、体を癒すパワーを持った石です、。

女の人特有である、生理痛に効くやうです。

肥満や更年期障害、出産等、女の人を後援してくれる石だと言われています、。

うつ病、ノイローゼ等を遠ざけてくれる力も有ります

私たちが知っている6月の出現石としてのムーンストーンは、淡い水色ですが、他にも多彩な色が有ります。

無色だったり、白だったり、灰色や橙色、それから、淡緑色、そして、黄色、褐色、淡青色も有ります、。

月のエネルギーを秘めた石ですので、満月の夜に月光浴をおこなうことで、ムーンストーンは浄化されます。

それから、紫外線だとしても大丈夫ですので、太陽光での浄化も向いていますし、水にも強いですので、流水での浄化もオッケーです。

スリランカで多くのムーンストーンが産出されています。

以外にも、インドや、ミャンマー、それから、米国、マダガスカル、タンザニア、そして、北朝鮮だとしても産出されています、。

ムーンストーンと対照的な石でサンストーンと言う石も有ります。

褐色の金属的な光を放つ石です。

ムーンストーンの柔らかな想像、優しい感覚が私はたいへんお好きです。

6月生まれの方は、願わくは、ムーンストーンを見に付けてちょうだいね。

出現石は特になお守りとなるでしょう。