12月の誕生石ラピスラズリその1

12月の誕生石ラピスラズリその1

みなさんは、12月の出現石である、ラピスラズリをご存じでしょうか?近頃はパワーストーンブームですし、中だとしても、ラピスラズリは出現石として、それ以外だとしても、たいへん大好評がある石です、。

紺青色をしたラピスラズリは、この青いパイライトによって出来た金色の斑点があり、たまに、母石であるカルサイトの白部位が見られることが有ります。

宝石として高額なものは、一様である群青色のものです。

ですが、さらにパイライトの斑点が、そのなかに点在していれば、さらに高額になります。

他の鉱物とラピスラズリが組み合わされ、色がチェンジしていることも有ります。

青でなく、白色が目立つ石のケースではは、青が平均的に見えるようにプロセッシングされているケースも有ります。

着色プロセシングを施され、色がほんらいと変化していることもあるのです。

オイル、樹脂等でラピスラズリを美しく見せるように含浸プロセッシングをしているケースも有ります、。

ラピスラズリは、その和名は、瑠璃と呼ばれています。

ラテン語でラピスは石と言う意義であって、アラビア語のラズリは青と言う意義です。

この二つの言葉が合わさった創作語でラピスラズリと言う言葉が生まれました。

深いラピスの青と、中に見える金色は、夜空に浮かぶ金星みたいに“天を象徴する石”と言われたこともあったやうですね。

ラピスラズリの美しい青は、これに魔よけパワーがあると言われ、エジプトや、バビロニア等では、石の粉を使用して壁画を描いていました。

それを護符にとしたやうです。

12月の誕生石ラピスラズリその2

12月の出現石、ラピスラズリのお話をしている続きです。

多様な国でたいせつに扱われてきたラピスラズリですが、中だとしても特に、エジプトでは“最高”のパワーを持った護符として、黄金と同様にらいの価値があったと言われています。

金とラピスラズリが同じ価値と言うのは、天然石のなかだとしてもたいへん高額と言うことですね。

みなさんもご存じのエジプト、ツタンカーメン王の棺ですが、その装飾品として、ラピスラズリが沢山、はめ込まれていました、。

王様の棺に使われることからも、ラピスラズリがエジプトでは、当時、特にな扱いを受けていた天然石であることが分かりますね。

ニホンだとしても、瑠璃と言うのは、仏教のワールドで極楽浄土を飾る七宝の一つです。

この瑠璃、昔は出現石などの設定は有りませんから、みなさんの幸運のお守りの石として、ニホンだとしても昔から愛されてきた石ですのです。

近頃では、パワーストーンと言えば、広く知られていますよね。

私たちは、常々からストアー等だとしても沢山のパワーストーンを見ることが有ります。

今となっては、日常にも見られるこのパワーストーンですが、ワールド中で初めに、パワーストーンとして、認知されたのが、12月の出現石である、このラピスラズリだと言われています。

それほど歴史がある石ですのですね。

この石の由来は、かなり古く、紀元前5000年ごろです。

エジプトや周辺の国で、当時からラピスラズリは、聖なる石としてたいせつにされてきました。

天然石では、こみたいに聖なる石と呼ばれたものが沢山気がしますが、それこそ不思議な力があるからですのでしょうね。

12月の誕生石ラピスラズリその3

天然石のなかでは、以外にも歴史の古い石がいくつか有りますが、このラピスラズリは、歴史の古い天然石の一つではないでしょうか。

ラピスラズリのアクセサリーを、自分の出現石として、お守りみたいに見に付ける方も沢山です。

それもそのはず、ラピスラズリは邪気を退ける力を持つ石ですのです。

出現石だとしても邪気から守ってくれる石は、他にも有りますよね。

外からの邪気に人はたいへん弱いです。

心の弱い人は早速に惑わされてしまいます。

そして人を恨んだり、妬んだり、自分の心にも悪い影響を与える間違ったかんがえを起こしてしまうのです。

怒りや嫉妬を退ける、払いのける、そういった効力のある石です

魔よけなどの効力がある石は他にもいろいろ有りますが、ラピスラズリは、それだけでなく、自分自身の邪念も退ける石だと言われています。

例えば、心に起こった誤ったかんがえ方を正したり、邪なおもいを退けたり、正しく判断する力を高めてくれるパワーが有ります。

ですので、ほんらい、進むべき道がわからなくなったとき、心に迷いが出たとき、身に着けと良いですね。

正確道を歩むことが出来たらのなら、たとえ遠まわりしたとしても、それは達成への道だとおもいます

目先の達成に囚われたりずるをして最短コースを行ったりするのではなく、正確方向へ進みたいものです。

それが、最後に幸せを勝ち確保することになると、私は信じています。

同じようにかんがえている方は、きっとラピスラズリの効力が望めるでしょうね。

12月の誕生石ラピスラズリその4

ラピスラズリは12月生まれの方が持っていると、特に幸運を呼ぶと言う出現石です。

そして、愛と美の女神と言われている、あのポピュラーな女神であるアフロディーテと関係しています。

古代ローマ時代、恋人の愛と夢を守ってくれる石として、ラピスラズリは崇められたのです。

出現石としてだけでなく、ラピスラズリが女の人に大好評があるのは、この恋愛におけるパワーではないでしょうか。

現代の女の人は、恋愛が成就したケースなると、多様なものにすがろうとしている人が沢山です。

恋をかなえるパワースポットがあれば、行ってみたり、恋愛に効く神社があればお参りに行ったりと、恋をかなえる為には必死です。

なかにはお好きな人もいないはずなのに、出会いそのものを願って、そういったものにすがる人もいます

そういった時代のなか、ラピスラズリは、アルロディーテに関係し、恋愛パワーを発揮していると聴けば、女の人たちが飛びつかないわけが有りませんよね。

愛する人との幸せを守ってくれる石、それがラピスラズリですのです。

チャクラにも効力を与える天然石ですがラピスラズリは第三の目チャクラを刺激します

これは、直観力、そして創造力を高めてくれます。

ひらめきが必要な人、企画力があったら嬉しい人、クリエイティブなお勤めをしている人には、たいへんよろしい影響をもたらす石でしょう。

さて、天然石のパワーは、幸運等良い言葉っかりを運んでくるわけでは有りません

そういったことを言うとなんだか脅かしているやうですが、実は、ラピスラズリには大きな特徴があるのです

12月の誕生石ラピスラズリその5

目先の達成、目先の幸福だけを、ラピスラズリは運んでくるだけでなく、その為に試練も運ん出来ます。

要するに、あなたが本当の意義で達成出来るように、試練をもってくるのです。

試練と言うのは、人間、生きていれば必ず訪れるものです。

越えなければならない、カルマと言うものが、人にはあり、それをラピスラズリは、急いで感覚させてくれます

障害物競走では、急いで障害物にたどり着いた人が有利です。

それと同じでラピスラズリは、カルマに急いでたどり着かせてくれるとおもいましょう。

ラピスラズリは魂を磨く石とも呼ばれています。

多様な試練が有りますが、全部のことに意義があり、後に必ず分かるはずでしょう。

出現石としてお守り効力だけでなく、石自体をパートナーとして持っていることもおススメです。

ラピスラズリは出現石として、持ち主を守ってくれる以外にも、癒しの効力が有ります

視力を更生させて、心臓にも良い石ですのです。

脈拍を安定させてくれる効力も有ります。

12月の出現石である、青い色をしたラピスラズリは、アルゼンチンやアフガニスタンから産出されます。

中だとしてもアフガニスタンでは、最高級のラピスが出るやうです。

その昔、シルクロードを通ってあちらこちらの国に運ばれ、やがてニホンにも運び込まれました。

奈良の正倉院に、ラピスラズリで創られた装飾品があることでポピュラーですよね。

私もたまに、ストアーで見かけますが、なんともいえない青色の深さに目をうばわれます。

12月が近づくと、出現石と言うことで特にコーナーが設けられ、沢山のラピスアクセサリーが並びますから、みなさんも確認してみてちょうだいね。