3月の誕生石アクアマリンその1

3月の誕生石アクアマリンその1

みなさんは、アクアマリンと言う宝石をご存じでしょうか?淡いブルーの石、アクアマリンは特に3月の出現石としてご存じの方も沢山でしょう。

アクアマリンは、多様な意義を持ちますが、中だとしても幸せな結婚と言う意義がたいへんポピュラーで、出現石と言うこと以外だとしても、たいへん大好評がある天然石です

女の人に特に大好評がある石である理由は、こんな意義を持つことかも知れませんね。

独身女の人にしてみれば“幸せな結婚”は目下の夢でしょうからね。

さて、アクアマリンと言うネームですが、他の出現石もラテン語から由来している石が沢山ように、その語源はラテン語です。

アクアは水を意義すること言うのはみなさんもご存じですよね?そして、海を意義するマリン、この二つから由来した名前です。

フランス王妃であのポピュラーなマリーアントワネット、みなさんも歴史の学業、または本、ムービー等でご存じでしょう。

彼女はダイヤモンドが大お好きなことでポピュラーですが、このアクアマリンをダイヤと同様にらい愛していたやうです。

夜に美しく輝くアクアマリンは、中世ヨーロッパで夜を対象とした宝石として身に付けられたやうです。

“月の光を受けて輝く”と言う、特性のあるアクアマリンは、“人魚石”と呼ばれることもありました。

神話のなかだとしても、この3月の出現石である、アクアマリンは登場します。

物語のなかでは、“海の精の宝物が、海岸へと打ち上げられて、それが宝石になった”と記されています。

海の美しさを閉じ込めた色合いのアクアマリンにうってつけな物語ですよね。

3月の誕生石アクアマリンその2

古代ローマでは、ディアナ(月の女神)の石とされているアクアマリン。

ディアナは、ご存じの方も沢山ように、太陽神であるアポロンの妹です。

彼女は勇敢で、かつ、活動的な女神だったと言われていますね。

アクアマリンがディアナの想像に合った石だと思ってしまうのは私だけではないでしょうね。

アクアマリンを手にしたことのある方はおわかりでしょうが、さわやかな想像であってながら、透明感のある青さは、凛とした強い雰囲気さえ感覚させますよね。

出現石としても話題されているアクアマリンですが、こうした凛とした女の人的想像を持ちながら、海のパワーを感覚られるたいへん関心深い石だと言えます。

ネームどおり、海の想像を持っている石であって、これを身に着けと、穏やかな海にまるで自分が身を委ねたような心持ちになります。

海の清らかで、偉大な癒しのエネルギーをこの石からもらえるのです。

海は、全部の命が生まれた起源です。

みなさんも、“海が見たい”とおもうことがあるでしょう。

きっと、私たちは、母なる海の存在が、癒しのパワーに溢れていることを知っているのです。

ですので、忙しい日々をリフレーンていると、ふと“海が見たい”と言う心持ちが湧き上がってくるのだとおもいます。

3月の出現石、海を連想させるアクアマリンを持っていると、周囲に対して優しい心持ちで接することが出来ます。

優しく、そして、穏やかな心持ちで日々過ごすことが出来るでしょう

3月の誕生石アクアマリンその3

又、アクアマリンは、人とのコミュニケーションキャパシティを上げてくれることだとしても知られています。

調和の意義も持つ、アクアマリンは、恋人、夫婦等アベックにも最適な石です。

例えば、ケンカしていたり、上手くいっていなかったりするアベックには、仲直りの為にアクアマリンを持つと良いでしょう。

きっと、修復の契機を作ってくれるとおもいますよ。

コミュニケーションキャパシティが劣ると、人は誤解を招いたり、勘ギャップして怒ったり、人に優しくなれなかったりします。

そういった時はアクアマリンの力を借りてみましょう。

3月の出現石である、アクアマリン、これは、別名で“天使の石”と言われています。

天使は、美しいですよね。

そして、若さが有ります。

そういった若さ、美しさ、そして幸せな喜び、これらを象徴する石ですのです。

先ほど、幸せな結婚を意義したケースお話しましたが、同じ時に子宝に恵まれる石ですので、出現石ではなくても、新婚さん等には良いギフトでしょうね

夫婦でお互いにアクセサリーを贈り合うことも良いでしょう、。

子宝に恵まれるチャンスをアクアマリンが与えてくれるかも知れませんね。

海と関係が深いアクアマリンは、航海のお守りとしても使われてきました。

昔から、船乗りたちは、アクアマリンを身に付け、航海の安全を願ったり、大漁を願ったりしました。

こんなことから、旅行のお守りとして近頃もアクアマリンを付ける人もいます。

不慮の事故や旅行中の災害からきっとあなたの身を守ってくれるでしょうね。

3月の誕生石アクアマリンその4

出現石として持つことも、当然良いですが、こうしてお守りとして身に付けたり、船に乗る人へ安全を願ってギフトしても良いですね。

アクアマリンは、宝石の部類がエメラルドと同じです。

これはベリルファミリーと言う部類ですのです。

緑色が高貴な想像でたいへん感想や感覚方的なエメラルドもあれば、ピンクのモルガナイトと言う石も有ります。

黄色のヘリオドールや、無色の透明のゴシュナイト希少な赤のレッドベリル等も有ります、。

アクアマリンは、夜になると輝きを一層増すので、別名で“夜の女王”と言われます。

それは暗闇で光を見出すことから、人間が壁に当たったとき等、光を与えてくれます。

希望の光、それがアクアマリンですのです。

さて、アクアマリンは、どんなヒーリングパワーを持っているのでしょうか?おのおのの月には出現石が定められおり、おのおのの出現石が、多彩な癒しの効力を持っていると言います。

アクアマリンは、目の不調に良いのです。

視力更生にも効力があると言われています。

同じ時にリンパなどの病気の治療にも現実にに使用されたと言う事実も有ります。

昔から、歯の強化にもアクアマリンが使われたと言うことです、。

では、現実にに3月の出現石として、アクアマリンを贈りものにしたいと思っている方は、アクアマリンの色や品質に対してどんなことを知っておけばよろしいでしょうか?何も知識がないままストアーに行くこと言うのはリスクですね。

あまりよくない石を高額で買ってしまう見込みもあるでしょうからね。

3月の誕生石アクアマリンその5

ストアーで見る際の確認項目ですが、アクアマリンはブルーが濃いほど、価値が上がります。

ですが、なかなかこのブルーの濃いものは、出回っていません。

殆んどが、品質改良されたもので、淡い水色となって出回っています。

アクアマリンの最高級品としては、アクアオーラにたいへん似ている色をしています

持つエネルギーも又、アクアオーラに似ていると言います。

1991年にアクアマリンの産出が開始されたアフリカ、モザンビークですと、色の濃い高額なアクアマリンが産出されます。

これは特にサンタマリア・アフリカーナと言うネームが付けられています。

ワールド中から賞賛される美しさを持つアクアマリンですのです。

他には、ブラジル、ナイジェリアや、ロシア、マダガスカル、それから、パキスタン、インド等だとしても産出されます、。

プロセッシングされてしまっていても、アクアマリンには変わりなく、持ち合わせているパワーも一緒でしょう。

当然原石のほうが良いですが、高額なものですので、なかなか手に入らないですよね。

私も淡い色のアクアマリンのブレスレットを持っていますがたいへん気に入っています

ですので、みなさんも、プロセッシング品にそれほど神経質にならなくても大丈夫ですよ。

夏が近づくとアクアマリンのアクセサリーがストアー頭に沢山置かれるようになります。

夏にはうってつけの涼しげなデザインですのでね。

夏のアクセサリーと言う想像も有りますが、やはり3月の出現石です。

3月が近づくと、出現石としてアクアマリンのディスプレイに力を入れるおストアーも増えます。

みなさんも、願わくは、ストアーで現実にに見てみてちょうだいね。