2月の誕生石アメシスト

2月の誕生石アメシスト

2月の出現石は、紫の水晶、アメシストです。

“シ”の言葉がにごって、アメジストとも呼ばれています

アメシストの持つ意義は、心の平和、そして誠実です。

この出現石は、紫色をしていています。

私もアメシストの塊を持っていますが、たいへん美しい石です。

太陽の下で見ると、一段と輝いて心を奪われます。

さて、紫色は青と赤が混ざったものですよね?ですので、アメシストは、青とエネルギー、そして、赤のエネルギーを持つといわれています。

アメシストは、古代エジプト時代から、護符として、時にはアクセサリーとして使われていました、。

お守りと言う意義で使われていて、特に留守にしている家を守ると言われていました。

留守が沢山おうち等は、アメシストを飾って、石に家を守ってもらっていたのでしょうね。

アメシストはヒーリング効力も話題されています、。

精神を安定させる効力があるほか、調和を生み出す石とされています。

確かにあの透明な紫は、見ているだけで心が落ち着きます。

それもそのはず、アメシストは、マイナスなものをプラスに変化させて、調和を生み出す天然石ですのです。

恋に破れて傷心しているときや、何かで誤りしてテンションが落ち込んだとき等、不安な感情を助けてくれるといわれています。

そして、落ち込んでばっかりいずに、以来進むべき道に導いてくれます。

どうしても、物事をネガティブにしかかんがえられないスタイルの人は、自分を変えたいとおもうならアメシストの力を借りると良いでしょうね。

2月の誕生石アメシスト続き

心をコントロールしてくれるパワーも有りますので、イライラしてしまいがちな方はアメシストを見つめても良いでしょう。

電磁波から私たちを守ってくれるとも言われていますので、私はパーソナル・コンピュータの前にアメシストを置いてお勤めをしています、。

神話によると、酒の神である、“バッカス”がトラに襲わせたと言う女の人がいますが、彼女がアメシストです。

彼女を助けようとして女神“ダイアナ”は、彼女をピュアで清らかな石にしたと言うことです。

その石が2月の出現石、アメシストですのです。

酒の神“バッカス”は以後、そのことを悔やみ、葡萄をその石にかけました。

アメシストはそれから紫色の石になったと言うことです。

酒の神にまつわる神話から、アメシストは“悪酔い”を避ける石としても、知られています。

ニホン名では、紫水晶と呼ばれています。

水晶と言われているものには、いろいろ有りますよね

シトリンやアベンチュリンクォーツ等も水晶ですが、アメシストは宝石としての価値が一番高い石だとしても有ります。

2月の出現石ですので、2月生まれの方に贈ってあげると喜ばれるでしょうが、高いものですので大変ですよね。

アメシストドーム等が、パワーストーンストアー等に飾られていますが、あのパワーはすごいのだろうなあと思って私はいつも見ています。

大きな塊やドームはかなり高額です。

まあ、ちっちゃい石等が組み込まれたネックレスや指輪等は、比較的お安く手に入るかも知れませんので、探してみてちょうだいね。